安心・安全の住まいづくりは土台から。

新築一戸建住宅の建築前の綿密な計画から、ご購入後のアフターサービスにいたるまでを一貫してプロデュース。信頼と実績を積み重ねてきた株式会社セブンエステートが、時代に沿った住宅事情とニーズを住まいづくりに取り組み、ご購入いただくお客さまに誠心誠意尽力し、提供させていただいております。

まずご希望の立地の土地を選ぶことから始まります。ご希望の土地が見つかったら、その土地を押さえ、購入のご契約や、建物についての打ち合わせ、建築確認の申請など、当社スタッフが責任を持って、お客様にわかりやすくご説明し、進行させていただきます。

いよいよ工事の着工です。まず家を支える土台となる土地に、基準を満たす地耐力があるかどうかなどを検査します。基準値を下回るようなら、しっかりと地耐力を確保します。

ベースとなる基礎を、図面どおりになっているか、鉄筋は適切に、正しく適正な本数が入っているかなどを厳しく検査します。

棟木という、建物の中で一番高い位置に配される部材を組み上げます。「上棟」とは建物の骨組みの組終わりを意味し、上棟後には、後の工事の無事完了を祈願する、上棟式が執り行われることもあります。

建物がある程度できあがると、完成後の安全を事前に確保するために中間検査を行います。この中間検査を合格できなければ、完成後の完了検査を受けることはできません。

中間検査を経て建物が完成します。建物完成後、きちんと安全に安心して住むことができるかどうかを厳しく検査します。